読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jetmanブログ

株式会社JETMANの中の人が、ゲームエンジンやUI/UX、クリエイターのキャリアデザインについて語ります。

2.とても大事な「デザイナーのキャリアデザイン」のこと。

f:id:jetmanblog:20150120164809p:plain自分で舵とり。業界生き残り術「キャリアデザイン」

こんにちは、キャリアコンサルタントの中路真紀です。クリエイティブ業界を目指す学生の方に、キャリアデザインの視点から「自分に必要なポートフォリオ」はどういったものなのか?戦略的に制作することを目指すブログです。

 「キャリアデザイン」という言葉を聞いたことありますか?キャリアの授業を受けた学生さんもいるかもしれませんね。

自分のこれからの将来(キャリア)を自分で創り上げていく、デザインすることを、キャリアデザインと言います。

「将来どういう自分でありたいか、今の自分はどうだろうか?将来の目標のために、どのようなスキルや必要な能力を高めていったらいいのだろうか?」

それを自分で考えて、行動していくことがキャリアデザインです。就職活動は、その第1歩、仕事のスタート地点です。

プロになってからも、キャリアデザインの考え方がとても大事になってきます。なぜなら、クリエイティブ業界は変化が早い業界。

「将来はきっとこういう技術が必要になるのでは?」と自分で考えて、スキルやツールを学んでいくことが必要なのです。

 

■必要なスキルはどんどん変わっていきます。

例えばゲーム業界のデザイナーのスキルの移り変わりを見てみましょう。

 

プレイステーション前のゲーム制作は「ドット絵のスキル」が必要でした。

プレイステーション3Dでのゲーム制作がメインになると、ドット絵のスキルよりも「3Dスキル」必要になりました。多くの3Dデザイナーがゲーム業界で採用されるようになりました。

PS2以降、ゲーム機のパフォーマンスが上がって、より高いクオリティでの表現が求められると、「専門性の高い3Dスキル」を求められるようになりました。背景モデラー、キャラクターモデラー、アニメーターなど専門的に仕事が分かれていきました。

ところが、ゲームの人気がゲーム機から、ソーシャルゲームへ人気が移っていくと、大量に採用されていた3Dのデザイナーの一部の人は仕事がなくなりリストラが行われました。そして今度は「カードゲームの絵師さんの2Dスキル」が大量に必要になりました。

絵師さんの仕事はフリーの方や海外へ発注されることが多くなり「外注のディレクションが出来るスキル」が企業から求められています。さらにスマートフォンのゲームも進化し、「3Dスキル」がまた求められるようになってきました。

 

それでは、昔ながらの業界、例えば出版、印刷業に関係するDTPデザイナーはどうでしょうか?ネットによって書籍を買わなくても情報が手に入るようになり、書籍の売り上げが下がり業界に必要な人材が少なくなっています。

 

■業界の変化とデザイナーの仕事は繋がっています

業界の変化、プラットフォームやパフォーマンスが変化することで、求められるデザイナーのスキルも、使うツールも、必要な人数も変わっていきます。

 

「自分は将来どうしたいのか。」

「これからどのように業界が変わっていくのか」

「プラットフォームはどう変わっていくのか?」

「必要なスキルはどうなるのか?」

 

これらのことを、自分で考えて、新しいツールを勉強したり、仕事の実績を積んでいくということがとても大事なのです。そして自分で舵を切って、軌道修正する力がこれから益々必要になってきます。

 

 にもかかわらず、実際クリエイティブの現場に入ると、日々の仕事に追われて自分の将来や、業界のこと、これから必要なスキルのことなど考える時間がなくなるのが現状。でも、気が付いたら業界の規模が縮小していた、会社の業績が悪くなっていた、仕事が少なくなった、リストラされた、では困りますよね。

 

だからこそ、デザイナーにはキャリアデザインする力が必要なのです。

 

f:id:jetmanblog:20150120171948j:plain「大切なのは、デザイナーのためのキャリアデザイン。」

プロフィール: 中路真紀 1級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格(株)ジェットマン取締役。東京工芸大学宝塚大学非常勤講師。

富士フイルム労政部を経て、ソニーミュージックエンタテインメントにて、ゲームCG開発で徹夜の日々。突然の部署解散をきっかけに制作会社設立に参画。デジタルスケープにて、スキル評価、「クリ博」講師、経産省クリエイター人材育成プロジェクト事務局など、クリエイターのキャリア開発に長年にわたり関わる。業界を目指す学生や、プロクリエイターを中心に、これまで6300名を指導してきた経験から、独自の「キャリアデザインの視点から考える戦略的なポートフォリオ制作」と、グループワークを体系化。クリエイター向けに長期的に役立つキャリアセミナーやキャリアコンサルティングを提供している。現在、UIUXデジタルコンテンツ開発会社(株)ジェットマン取締役。

執筆協力:「ポートフォリオの教科書」(ワークスコーポレーション)「iOSプログラミング」(アスキーメディアワークス)「iPhoneSDK3プログラミング大全」(アスキーメディアワークス

 

 


株式会社ジェットマン|アプリ開発・UIデザイン