読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jetmanブログ

株式会社JETMANの中の人が、ゲームエンジンやUI/UX、クリエイターのキャリアデザインについて語ります。

UnrealEngine4でゲーム制作・FBXインポートとマチネでアニメ編

前回までにつくった背景に、Mayaでアニメーションを付けたモデルデータをUE4にインポートします。

アニメ付きのモデルをfbxで書き出す

Mayaでは、以下の様なモデルにスケルトンを使って泳ぐループアニメーションを設定しました。これをfbx形式で書き出します。

f:id:jetmanblog:20150131163438j:plain

UE4でfbxを読み込む

UE4でコンテンツブラウザのインポートメニューからfbxを読み込みます。

fbxをシーンにドラッグ&ドロップして、大きさを調整します。その場でアニメーション再生しています。

f:id:jetmanblog:20150131163518j:plain

ターゲットポイントを使う

例えば、このモデルを円周状に移動させてみます。

左上の基本オブジェクトの中からターゲットポイントをシーンにドラッグ&ドロップします。fbxモデルが頭から方向を変えるような円の中心位置に移動させます。シーンアウトライナでターゲットポイントを親とし、fbxをターゲットポイントと親子化します(子供を親にドラッグ&ドロップ)。

f:id:jetmanblog:20150131163555j:plain

Matineeでキーフレームアニメを作る

マチネ(Matinee)からマチネ(Matinee Actor)を追加します。トラックのグレーの部分で右クリックし、空の新規グループを作成します。

f:id:jetmanblog:20150131163700j:plain

グループに名前をつけてください。私は"rot"としました。表示された"rot"の空いているグレーの部分で右クリックをし、新規Movement Trackを作成します。

f:id:jetmanblog:20150131163827j:plain

シーンでターゲットポイントを回転させ、マチネにキーフレームを作ります。左上のAdd Keyでキーフレームを追加できるので、適宜回転アニメーションのキーフレームを作ります。角度が小さい方に補間されるので注意。スナップを有効にするときれいにキーフレームが打てます。

f:id:jetmanblog:20150131163837j:plain

Blue PrintでMatineeの制御をする

レベルブループリントでMatineeの再生をコントロールします。レベルブループリントを開きます。シーンアウトライナよりMatineeActorをドラッグ&ドロップします。Begin Play NodeとPlay Nodeを追加し、下図のように結線します。

f:id:jetmanblog:20150131163858j:plain

コースティクス用ポイントライトの位置を変更した場合は、ビルドよりライトのみビルドを実行して下さい。

再生すると以下のようなシーンとなります。Oculus RiftのPlug-inがインストール済みなので、Oculusで観ることも出来ます。

f:id:jetmanblog:20150128204725g:plain

次回から新しいテーマです。Mayaで作成した人型のモデルを、UE4のAnimation Retargetを使って、ちょっとしたアクションゲームを作っていきます。


株式会社ジェットマン|アプリ開発・UIデザイン

ゲーム領域|学科|宝塚大学 東京メディア・コンテンツ学部