読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jetmanブログ

株式会社JETMANの中の人が、ゲームエンジンやUI/UX、クリエイターのキャリアデザインについて語ります。

UnrealEngine4でゲーム制作・ランドスケープ編

UnrealEngine4をつかった、どちらかというとデザイナー向けのTips集を始めます。

アンリアルエディタの起動

起動画面で「オフラインで起動」を選ぶと以下のアンリアルランチャーが起動します。

f:id:jetmanblog:20150105174645j:plain

 左上にある黄色い起動ボタンを押して下さい。アンリアルプロジェクトブラウザが起動します。

f:id:jetmanblog:20150105174818j:plain

新規のプロジェクトタブで、画面下部のDesktop、Maximum Quality、With Starter Contentでプロジェクトを作成します。アンリアルエディタが起動します。

地面オブジェクトの作成

まず地面の元となるオブジェクトを作成します。シーン内にある不要なオブジェクトは削除して下さい。

f:id:jetmanblog:20150105180840j:plain

左上のModeでLandscapeタブを選択し、Section Sizeを7x7 Quadsに変更して、同エリア右下のCreateボタンを押します。

異なる3種類のテクスチャを表示するマテリアル

次に、左下のContents BrowserでGameフォルダ内のMaterialsフォルダを選択します。

f:id:jetmanblog:20150105183319j:plain

右側のコンテンツ表示エリアで右クリック、Materials&Textures > Materialを選択し、新規マテリアルを作成します。作成したマテリアルの名前を「TerrainMat」とし、マテリアルをクリックしてマテリアルエディタを開きます。

異なる3種類のテクスチャを表示するマテリアルを作成します。

f:id:jetmanblog:20150105184513j:plain

MATERIALエリアで右クリック、検索窓にLandScapeと入力し、LandScapeLayerBlendを選択します。表示されたLayer Blendノードを選択し、左側のDetailsでLayersの項目の「+」ボタンを押して3 elementsを用意します。

それぞれのelementsに対してプロパティを設定します。

f:id:jetmanblog:20150105185708j:plain

0 Layer--------------------

Layer Name : Rock

Blend Type : HeightBlend

Preview Weight : 0.0

1 Layer--------------------

Layer Name : Dirt

Blend Type : HeightBlend

Preview Weight : 0.5

2 Layer--------------------

Layer Name : Grass

Blend Type : HeightBlend

Preview Weight : 1.0

f:id:jetmanblog:20150105191050j:plain

次に空いてるスペースで右クリック、検索窓にLandScapeと入力し、LandScapeLayerCoardsを選択します。

続いてアンリアルエディタのContent BrowserでTexturesフォルダを選択します。T_Rock_Slate_D、T_Ground_Gravel_D、T_Ground_Grass_Dをそれぞれマテリアルエディタにドラッグ&ドロップします。

下図のようにそれぞれのノードを結線します。

f:id:jetmanblog:20150105191405j:plain

これでも問題ないのですが、各テクスチャの法線マップも利用します。

f:id:jetmanblog:20150105191849j:plain

CoardsとBlendノードを選択し、Ctrl+wで複製します。先程と同じように、アンリアルエディタのContent BrowserからT_Rock_Slate_N、T_Ground_Gravel_N、T_Ground_Grass_Nをそれぞれマテリアルエディタにドラッグ&ドロップします。

f:id:jetmanblog:20150105192824j:plain

カラーと同じようにノーマルマップを結線します。LayerBlendからTerrainMatへはNormalに結線します。また右クリックでConstantノードを2つ出し、一つはMetalic、もう一つはRoughnessへ結線します。Roughnessの値を0.7とします。

最後にLayerCoardsを選択し、Mapping Scale、Mapping Pan U、Mapping Pan Vをともに3.0とします。制作するものによって調整して下さい。

左上の保存ボタンを押します。

アンリアルエディタに戻ります。

f:id:jetmanblog:20150105194154j:plain

右上のScene OutlinerでLandScapeのオブジェクトを選択。その下のDetail内のLandscapeのLandscape Materialに、左下のContent Browserから先程作成したTerrainMatをドラッグ&ドロップします。マテリアルがコンパイルされます。

Sculptツールによる地面の形状作成

f:id:jetmanblog:20150105195110j:plain

左上のLandScapeタブ内、SculptツールのBrush Sizeを350.0、Fall offを0.5、Tool Strengthを0.4とし、小さい丘を作ります。

f:id:jetmanblog:20150105195657j:plain

同じくLandScapeタブ内のPaintツールで、Target LayersにあるRock、Dirt、Grassのそれぞれ右側の「+」ボタンを押し、Weight-Blended Layer(normal)を選択、続いて開くダイアログでMaterialsを選択します。

f:id:jetmanblog:20150105200004j:plain

Target Layersで選択している質感でオブジェクトを塗ることが出来ます。

いろいろ応用が効きそうなので、皆さん試してみて下さい。

f:id:jetmanblog:20150106155050j:plain

私はこのような形状にしました。次回はここに水面を作っていきます。

Thanks Thomas.


株式会社ジェットマン|アプリ開発・UIデザイン

ゲーム領域|学科|宝塚大学 東京メディア・コンテンツ学部