読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jetmanブログ

株式会社JETMANの中の人が、ゲームエンジンやUI/UX、クリエイターのキャリアデザインについて語ります。

1.2016卒の就活スケジュールは後ろ倒し?

f:id:jetmanblog:20150120164809p:plain

2016卒の就活スケジュールは後ろ倒し?

こんにちは、キャリアコンサルタントの中路真紀です。クリエイティブ業界を目指す学生の方に、キャリアデザインの視点から「自分に必要なポートフォリオ」はどういったものなのか?戦略的に制作することを目指すブログです。

16年卒の就活のスケジュール。

3年生のみなさん(16年卒)から就職のスケジュールが「後ろ倒し」になったというのはご存じですか?

「就職のスケジュールって、いつも同じじゃないの!?」と思うかもしれませんが、みなさん(16年卒)の就職活動スケジュールは「後ろ倒し」って言われています。いままでよりもスタートが遅くなるからですね。3月1日に解禁。8月1日に選考。10月1日以降に内定。このスケジュールで就職活動が行われるのは初めてのことです。でも、それって本当に守られるのでしょうか?

 

f:id:jetmanblog:20150106205408p:plain

3月の解禁前にインターンシップが増加傾向。

「今年は3月1日に情報解禁。そこから就職活動がスタート」と思っていたら、もうすでに多くの会社が解禁前にインターンシップを実施しています

解禁が遅くなる分、企業は早く学生に会いたいのですね。また想像できるのが、インターンシップサイトに登録しておいた人のほうが、先に企業から情報が貰えるかも?ということ。まずはインターンシップの情報サイトに登録してみましょうリクナビマイナビなどがインターンシップサイトを運営しています。「インターンシップ」で検索してみてください。インターンシップという名前ではなく、企業独自の名前を付けていることもあります。〇〇コース、〇〇講座、〇〇体験など。

 インターンシップサイトだけじゃなく企業サイトを要チェック!

行きたい会社が決まっている場合には、企業サイトを時々チェック!特にテレビ関係、広告関係は動きが早いですし、(例えば、フジテレビさんも「就活予備校」オープンしています。CG 美術職など)インターンシップや説明会に参加していないとエントリーすらできないこともあります。

テレビ局の社員としてCGの仕事をするというのも一つの選択肢。「テレビ局なんてハードルが高くて、、、」と尻込みして挑戦する学生が中々いないのが現状。CGの仕事は、ゲーム、アニメ、広告、映像制作会社など色々ありますが、テレビ局のCGの仕事の幅は意外と広いのです。映画、ニュースなどの解説CG、ドラマの中のCGなど。それから条件面、年収と安定を考えると、CGの仕事の中ではいいことは間違いないです。CGを勉強している方は挑戦してみたらいいのではないでしょうか。いろんな局のサイトを見てみてくださいね。


フジテレビ就活予備校 - フジテレビ

 

中小の制作会社、アニメ会社などはいつもは遅い傾向ですが、それも今年はわかりません。それと重要な事として覚えておいてほしいのが、求人サイトや就職のポータルサイトに、全ての企業の情報が載っているわけではないということ。これらのサイトは企業がお金を出して、サイトに掲載してもらっているケースがほとんど。ですから、ポータルサイトによって登録企業も違うし、自社のサイトだけで求人募集をする会社も沢山あります。特に中小の制作会社は自社のサイトで行うことが多いのです。

解禁を守るかどうかは企業次第

それから「解禁」を守る企業ばかりではないと予想されること。これを頭の片隅に入れておいてほしいと思います。なぜかというと、この「解禁」というのは政府が主要な経済団体にお願いしていることで、守るかどうかは企業次第。守らなくても罰則がないのです。

解禁と、選考ってどんなことをやるの?

 ■解禁は3月1日(と申し入れされています)

大手の就職ポータルサイト日経ナビマイナビリクナビなど)がオープンします。(すでにインターンシップサイトはオープン済み。登録もできます)

クリエイティブ系だとクリ博ナビ。マスナビなど。

企業の自社サイトでも募集要項など情報が見えるようになります。

この時期にやることは、

■選考は8月1日(と申し入れされています)

この時期にやることは

  • 筆記
  • 面接
  • 実技課題(場合によって)
  • 内々定

後ろ倒しが本当なのか非常に怪しい今年の就職活動。早めに準備をしておいた方が良さそうです。企業も今回は初めてのスケジュール。いきなり変更ということもあるでしょう。スケジュール通りだとしても選考の期間が短いため、今年は「短期決戦」の就活になりそうです。

 

f:id:jetmanblog:20150120171948j:plain「大切なのは、デザイナーのためのキャリアデザイン。」

プロフィール: 中路真紀 1級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格(株)ジェットマン取締役。東京工芸大学宝塚大学非常勤講師。

富士フイルム労政部を経て、ソニーミュージックエンタテインメントにて、ゲームCG開発で徹夜の日々。突然の部署解散をきっかけに制作会社設立に参画。デジタルスケープにて、スキル評価、「クリ博」講師、経産省クリエイター人材育成プロジェクト事務局など、クリエイターのキャリア開発に長年にわたり関わる。業界を目指す学生や、プロクリエイターを中心に、これまで6300名を指導してきた経験から、独自の「キャリアデザインの視点から考える戦略的なポートフォリオ制作」と、グループワークを体系化。クリエイター向けに長期的に役立つキャリアセミナーやキャリアコンサルティングを提供している。現在、UIUXデジタルコンテンツ開発会社(株)ジェットマン取締役。

執筆協力:「ポートフォリオの教科書」(ワークスコーポレーション)「iOSプログラミング」(アスキーメディアワークス)「iPhoneSDK3プログラミング大全」(アスキーメディアワークス

 

 


株式会社ジェットマン|アプリ開発・UIデザイン